パソコンの無い日常生活は考えられないほどパソコンが普及しています。もし、パソコンが無いとどんな生活でしょうか。
パソコンについての事

パソコンは現代人の必須科目

パソコンは今は生活必需品の地位まで上り詰めました。今一般に普及しているOSが登場する前は、一般家庭にパソコンはなく、企業でも、まして、プログラミングを行うような会社でさえ、一人一台のパソコンの支給はありませんでした。しかし、皆が使いやすいようなOSが登場してからは、だんだんと家庭にも普及してきました。しかし、その当時のパソコンの価格は新入社員の月給程度では購入できず、かなり高価なもので、経済力に余力のある家庭でしか購入できませんでした。

時は、1995年と90年代後半に入ると、もっともっと一般庶民に親しみやすく、また使い勝手のいいOSが出たため、爆発的にパソコンが売れる時代が来ました。インターネットのインフラ周りも同時にかなり発達し、一家庭に一台はある時代がやってきました。そうなると、皆が触れるのが当たり前となり、パソコンを触れないことは時代遅れとなってしまいました。少し前までは、新入社員教育において、タッチタイピングから教えることがあっていましたが、今はみんながタッチタイピングができる状態で入社してきます。入社試験のエントリーもPCからのみの企業もかなりあり、パソコンができないと入社のスタートラインにすら立てない状態です。

パソコンが使えないと、より良い生活を得ることはかなり不可能な時代となっております。

Copyright 2017 パソコンについての事 All Rights Reserved.